お知らせ

最大の魅力は

仙禽

今や新時代の日本酒の旗手である「仙禽(せんきん)」(栃木)を中核酒として据え、
その美しい酸と完美なテイストという最先端の日本酒と「マリアージュされた新和食」を
お楽しみいただく趣向となっています。

栃木が誇る

江戸時代後期の文化三年(1806年)に栃木県さくら市に創業した仙禽(せんきん)。

伝統を重んじながらも、この蔵は2008年に長男の薄井一樹氏が心機一転、新会社「せんきん」を設立。

驚くような独自の造りで常識を打ち破る、若き兄弟蔵元が造るこだわりの蔵です。

極度の甘味と過剰ともいえる酸味が織りなす究極のマリアージュは仙禽(せんきん)ならではの味わい。
ぜひみなさまもお楽しみください。

全ての想いは八寸に

田酔が考える

人形町 田酔本店では、みなさまに必ずお通しの「八寸」を召し上がっていただいております。

酒は本来、食事の脇役。

しかし名脇役の存在が映画そのものを至上のものへと昇華させるように新時代のすばらしい日本酒をマリアージュされた食事とともに楽しんでいただき、最高の日本酒の世界をお楽しみいただければ幸いです。

日本酒を引き立てる八寸

店内のご案内

見取り図

店舗情報

田酔 神保町分店

電話
03-6672-5751
住所
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-19 すずらん通りT&AビルB1階 1-19
すずらん通りT&AビルB1階
営業時間
月曜〜金曜 昼の部/11:30〜14:00
夜の部/17:30〜23:00頃
土曜 昼の部/11:30〜14:00
夜の部/17:30〜22:00頃
席数
32席(カウンター6席/テーブル18席/個室8席)
定休日
日曜・祝日
アクセス
東京メトロ半蔵門線 『神保町駅』 A7出口より徒歩3分
都営新宿線、都営三田線 『神保町駅』 より徒歩5分

内容は気軽に

ブログ

近隣地図

地図